MESSAGE

寒河江市 奥山歯科医院の診療内容

 

診療科目


歯科、歯科口腔外科

診療内容


予防歯科、虫歯治療、歯周病、義歯、口腔外科、有病者歯科医療、小児歯科、矯正歯科、スポーツ歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、顎関節症、親知らず、周術期口腔機能管理

予防歯科


歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けていない部位のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数カ月に一回受けることで、むし歯や歯周病になりにくいことが実証されています。

お子様には虫歯予防としてシーラント、フッ化物塗布を行っております。6歳頃に生え始める子供の奥歯は、溝が深く虫歯になりやすいのです。そこで、シーラントという樹脂を溝に埋め込み、虫歯を予防します。また定期的なフッ化物塗布も虫歯予防に有効です。

当院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準を取得しており、定期的なフッ化物塗布等で初期虫歯の管理が可能です。

 

虫歯治療 

虫歯になってしまうと、どうしても感染した歯の組織を削って人工の材料を使って歯を修復しなくてはなりません。歯髄(歯の神経)を極力温存できる様に的確に診断することは勿論ですが、歯内療法が必要になった場合はラバーダム防湿などの基本的手技を徹底し、再発防止のために細心の注意を払って治療を行います。歯を修復する方法には、保険治療で用いられるコンポジットレジンや金属の他に、天然歯に近い優れた物性をそなえたセラミックス等を用いる方法もございます。歯垢が付きにくいため二次う蝕のリスクを低下させ、審美性も向上させることが可能です。

 

歯周病


歯周病は日本人の80%以上がかかっていると言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いのです。症状が進行すれば、最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。

<歯周病の症状 例>
●歯ぐきからの出血●口臭●口の中がネバネバする●歯ぐきが腫れる●歯ぐきが下がった●歯がグラグラする

歯周病の治療は、X線検査・歯周検査を行い治療計画を立案したのち、歯周基本治療として歯石除去を行っていきます。また患者様自身でセルフケアが的確にできるようになっていただくため、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っていきます。歯周基本治療後の再評価において歯周外科治療が必要と診断した場合は、フラップ手術などの小外科処置を行う場合があります。治療が奏功し歯周病が安定していると診断した場合は、1ヶ月から3ヶ月に1回程度の通院で歯周病安定期治療(サポーティブペリオドンタルセラピー)に移行し、メインテナンスを行っていきます。歯周病は糖尿病や高血圧症と同じ様な慢性疾患であり、完全に治癒することが難しい病気であるため、定期的な通院がとても重要です。

当院はかかりつけ歯科医機能強化型診療所の施設基準を取得しており、きめ細やかな検査・処置により歯周病の病状安定をはかることが可能です。 

義歯(入れ歯)


義歯は歯が抜けてしまった場合に必要となる、治療用の装置です。食べ物を食べやすくするだけではなく、歯の欠損による歯列の乱れを防ぐために非常に重要です。装着感はブリッジやインプラントに劣ると言われていますが、取り外して洗浄ができるため管理がしやすい、治療期間が短いというメリットがあります。少数歯欠損から多数歯欠損に対応した部分入れ歯、歯が全てなくなってしまった場合の総入れ歯などの種類があります。保険適用の義歯をはじめ、磁性アタッチメント、金属床義歯、バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)など幅広く取り扱っております。義歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

 

口腔機能低下症

口腔機能には、咀嚼、嚥下、発音、唾液分泌、感覚、呼吸などがあります。

  口腔リテラシーの低下、口腔や義歯のケア不良による齲蝕や歯周病になることによって滑舌の低下、食べこぼし、むせがある、かめない食品がある状態をオーラルフレイルといいます。

  オーラルフレイルは病名ではなく状態であり、地域保健事業、介護予防で対応します。それをそのままにしておくと口腔機能低下症という病気に繋がっていきます。

  口腔機能低下症とは、日本老年歯科医学会から2016年に発表された新たな疾患概念であり、①口腔不潔、②口腔乾燥、③咬合力低下、④舌口唇運動機能低下、⑤咀嚼機能低下、⑥嚥下機能低下、⑦低舌圧の7つの項目があります。このうち3つが認められたら口腔機能低下症とし、歯科医療従事者が治療をおこなう必要があります。

  口腔機能低下症になっている状態にも関わらず治療を行わずそのままにしていると、嚥下障害や咀嚼機能不全といった専門的な知識がある歯科医師しか対応できない口腔機能障害になってしまいます。この段階までいくと、その前段階であった口腔機能低下症の段階に戻ることはできませんので、口腔機能低下症の段階で止めることが求められます。

当院では専用の検査機器を使用した口腔機能検査を行い、患者様の状態に応じて「あいうべ体操」や「唾液腺マッサージ」などの簡単なトレーニングを行うことで、口腔機能の管理を行っています。

 

口腔外科

 

抜歯が必要な親知らずや、口内炎など口の粘膜の異常、歯茎や顎の周りの腫れ、顎関節症、口の周りの怪我など、専門的知識が必要な疾患の治療を行います。専門学会の認定医が対応いたします。また連携医療機関への迅速な紹介も可能ですので、ご相談ください。

 

有病者歯科医療


持病のある患者様でも、病態に配慮し安全な歯科治療を行うことが可能です。かかりつけの医師と連携して治療を行ってまいります。受診の際は必ずお薬手帳をご持参ください。

 

小児歯科


まずは歯医者が嫌いにならないで来ていただけることが大事です。正しい食生活・歯磨きの習慣を身につけることが予防になります。虫歯になってしまった場合も、早期治療をすることで将来的な歯並びや永久歯の虫歯のなりやすさを改善することができます。不正咬合につながる悪習癖を早期に発見、改善することも小児の健全な発育のために大切です。

 

矯正歯科


お子様から成人まで、歯並びは第一印象を左右するだけでなく、虫歯や歯周病の予防と密接につながっています。治療を希望される方は矯正歯科専門医へ紹介させていただきますので、ご相談ください。

 

スポーツ歯科


部活動や趣味のスポーツなどで、正しい噛み合わせがパフォーマンスに影響することが知られています。また外傷を生じやすいコンタクトスポーツ(野球・サッカー・ラグビー・ボクシング・ローラースケートなど)では歯の怪我を防止するためにスポーツマウスガードの使用が推奨されています。当院ではオーダーメイドで精密に適合したマウスガードを作成しております。

保険適応外となります。概算費用:¥15,000〜

 

 インプラント


歯を失ってしまった場合、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの選択肢があります。
先に紹介した義歯の他に、従来ではブリッジでの治療が行われてきました。しかしブリッジ治療では咬合力が支柱となる歯に過大にかかるため、歯の破折や歯周病増悪により歯の寿命を縮める可能性が報告されています。またブリッジの支柱に使うために歯の神経を抜かなくてはならない場合があることも事実です。当院では、適応のある患者様にはインプラント治療をご紹介しております。

インプラント治療にもメリット・デメリットがあります。患者様ごとにお口の中の状況は全く違いますので、まずはカウンセリングとご説明をさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

当院では安全性・正確性を確保するため、CTとデジタルシミュレーションを用いたガイドサージェリーを導入しております。

保険適応外となります。概算費用:¥400,000〜

 

ホワイトニング


ホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、お薬の力で白く漂白する方法です。歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くすることができます。当院ではホームホワイトニングと呼ばれる、歯科医院で作成したマウスピースの中に薬液を入れ、ご自宅で毎日数十分~数時間装着して歯を白くする方法を採用しています。

※治療期間や回数には個人差があります。保険適用外となります。概算費用:¥40,000〜

白い歯で素敵な笑顔を! ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

 

周術期口腔機能管理

 

全身麻酔を伴う手術の前に、医科診療科からの紹介状をお持ちいただくことで、当院で周術期口腔機能管理を行うことができます。手術の緊急度や術前・術後の口腔内のリスクを適切に評価し、医科での治療をスムーズに行えるように歯科的処置を行います。2020年4月より医療機関より直接当院にご予約をいただいた場合、医科診療科において歯科医療機関連携加算が算定されます。